いい生活【3796】の株価、決算情報、銘柄分析

※この記事は、2020年2月27日時点による情報を元に作成しております。

企業情報

会社名株式会社いい生活
上場市場東証2部
コード3796
設立2000年1月
決算月3月
本社住所東京都港区南麻布5丁目2番32号 興和広尾ビル
従業員数155人(2019年3月)
主要株主前野善一(13.74%)、北澤弘貴(13.07%)
塩川拓行(12.81%)、中村清高(12.72%)
連結子会社2社

年度決算、四半期決算情報

決算情報、株価については、こちらをご覧ください。

超重要経営指標

決算期純資産額1株当たり純資産1株当たり純利益
2017年3月241.43円12.81円
2018年3月239.51円3.08円
2019年3月1,614百万円234.01円-0.50円
2019年12月6.25円
時価総額PBR
3,611百万円2.1倍

事業の状況

・事業は、「クラウドソリューション事業」を主たる業務とする。

・クラウドソリューション事業は、不動産市場に必要とされるシステム・アプリケーションを企画・開発し、クラウドサービスとして提供する事業である。

・日本全国の不動産業を営む企業を主な顧客としている。

・「クラウド型」サービスにより、安定的なシステム利用料収入の確保が可能。

ニューストピックス

・2019年12月時点の法人顧客数は1,454社( 2019年4月時点 1,415社)。

・ 不動産業務クラウド「ESいい物件One」において、株式会社エポスカードが運営する賃貸情報サイト「お部屋探しNet」との連動を開始した。

・ 電子契約の主要3サービスである、弁護士ドットコムの「クラウドサイン」、GMOクラウドの「Agree」、ドキュサイン・ジャパンの「ドキュサイン」について業務提携を開始した。

今後の展望

・直近8ヶ月での顧客数の増加が39社程度であるという事実をどう捉えるか。客単価は11万円程度。サブスクリプションであるため余程のことがない限り、売上高が急激に落ち込むことはないのが強みである。効果的な宣伝により、システムの認知と有用性が評価されれば急成長が期待できる。(2020/2/27)

結論

 静観

タイトルとURLをコピーしました