トレード手法の作り方(初心者向け)

オリジナルのトレード手法を作ろう

証券会社の口座開設も終わって、自分のライフスタイルに合ったトレードスタイルが決まれば、次は自分オリジナルのトレード手法を作ってみましょう。

トレード手法を作る理由

FXトレードをしている多くの人は、それぞれ決まった手法に従ってトレードしています。

手法を決めずにむやみやたらにトレードをしてしまうと、お金を減らしていく一方です。

お金を守るために、トレード手法は必ず決めるべきだと考えます。

他人の手法を真似するのも良いですが、まずは自分でトレード手法を決めることをお勧めします。

テクニカル指標を決める

テクニカル指標とは、テクニカル分析で用いられる指標である。

テクニカル分析とは、将来の取引価格の変化を過去に発生した価格や出来高等の取引実績の時系列パターンから予想・分析しようとする手法である。

とWikipediaにありました。

要は、将来の相場をチャート上で視覚的に分析するための物差しです。

下図は、テクニカル指標を何も表示させていない(MT4での)チャートです。

現状、下降トレンドということはわかりますが、買いなのか売りなのか様子見なのか判断するのは難しいです。

その選択肢を自分なりに判断するためにテクニカル指標をチャート上に表示させるのです。

テクニカル指標にはいろいろありますが、使用するのは2、3種類で良いと思います。

あまり多く表示させてしまうと判断基準が余計難しくなってしまいます。

私のオススメは、トレンド系指標では移動平均線は絶対で、あとはボリンジャーバンドを使うかどうか。

オシレータ系ではMACD、ストキャスティクス、RSIのうち一つあれば十分だと思います。

各指標の使い方等は、ご自身で調べて熟考してください。

決まれば、テクニカル指標をチャート上に表示させてみましょう。

黄色は20期間移動平均線とそのボリンジャーバンド、青は70期間移動平均線、赤は120期間移動平均線です。

下の枠はストキャスティクスです。

※このテクニカル指標は適当に選んでいますので、私の普段の設定ではありません。

トレード手法を組み立てる

それでは、ちょっと強引ですがこの図だけで、トレード手法を仮に作ってみましょう。

①移動平均線3本が期間が長いものから短いものへきれいに並んでいる方向をエントリー方向とする。(画像では売りのエントリーしか考えない。)

②値がエントリー方向とは逆側のボリンジャーバンドにタッチ、かつストキャスティクスも上側のラインにタッチして、ローソク足が陰線で確定した時点で売りのエントリーを行う(逆張り気味)。

あとは修正・バックテストの繰り返し

とりあえずトレード手法は決まりましたので、過去のチャートを遡ってこの手法が通用しそうかどうかをざっくり見ていきます。

エントリー回数が少ないようでしたら、チャートの時間軸を短くしたり、②のエントリータイミングを変更したり、テクニカル指標の設定値を調整したりして、何度も反復してトレード手法を詰めていきます。

あとは、損切りや利確などのルールを決めて、バックテスト(検証)を行います。

バックテストで勝てないと、実際にリアルトレードしても勝てませんので、何度も何度も修正・バックテストを繰り返して、満足のいくトレード手法を作りましょう。

⇒FXの検証方法