EA、インジケータの作り方講座 第1回 MetaEditor

MetaEditorとは、MT4上で動作させるカスタム・インディケータ(以下、「インジ」と省略)やエキスパートアドバイザ(以下、「EA」と省略)を作成(プログラミング)するためのソフトウェアです。

MetaEditorの起動

早速、MetaEditorを起動してみましょう。

まずは、MT4を起動します。

メニューバーの「ツール」-「メタエディター」をクリックします。

もしくは、ツールバーの赤丸で囲んだアイコンをクリックしても起動できます。

上図のようなソフトが起動されます。これがMetaEditorです。

MetaEditorの日本語化

最初は英語表記になっていますので、日本語に変更してみましょう。

メニューバーの「View」-「Languages」-「Japanese」をクリックします。

「Restart」をクリックすると、MetaEditorが再起動されます。

日本語表記になりましたね。

インジの新規作成

それでは、簡単なインジを作成しましょう。

「新規作成」をクリックします。

「カスタムインディケータ」にチェックし、「次へ」をクリックします。

「名前: 」は「\」より後がファイル名になりますので、「HelloMT4」と入力しましょう。

「著作者: 」は作者の名前ですので、ご自分のお名前やニックネームを入力します。

「リンク: 」はMT4上でのインディケータの説明でWeb画面に遷移するリンクを貼りたいときに入力します。通常は、著作者のHPのURLを入力しますが、今回はyahooでも何でもいいのでURLを入力してください。

私は、MT4プログラミンサイトのURLを入力しました。

「パラメータ: 」は入力しないで「次へ」をクリックします。

「OnCalculate」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

何もせずに「完了」をクリックします。

「HelloMT4.mq4」ファイルができれば、まずは成功です。