FXに聖杯と呼ばれる手法は存在するのか

FXトレーダーの9割の人が負けているなんて言われているように、FXで勝ち続けて行くのはかなり難しいということがわかります。

そんな世界で勝ち続けている1割の人は何か特別な手法を知っているんだと思い、自分のトレード技術の向上はそっちのけで、ネットや商材から勝てる手法を探して、使っては替え使っては替えを繰り返す行為をしてしまいます。

いわゆる、聖杯探しですね。

私もFXで何をどうすれば勝てるのかわからなくなった時期は、ネットを彷徨ったり商材をいくつか買ってみたりと、聖杯探しをしていました。

結局、聖杯は見つかりませんでした。

聖杯なんてものは存在しないと言われていますが、本当に聖杯は存在しないのでしょうか。

聖杯なんて言うぐらいですから、ルールさえ守れば誰がどんな時間帯でも継続してトレードすればトータルで勝ち続けることが出来なければなりませんよね。

ルールにはエントリー、利確、損切りがありますが、その中の一つでも裁量を要するルールがあれば聖杯手法は成立しなくなります。

一つでも裁量が必要になると個々人で裁量のレベルが異なるので、損益にも差が生じてしまいますからね。

どのルールもテクニカル指標による判断や固定pipsを設定することで誰がやっても同じ結果にならなければいけません。

しかし仮にエントリー、利確、損切りのルールがガチガチに決まっていたとしても、勝った後はせっかく獲った利益を失ってしまうのが恐くてエントリールールが合致しているのにエントリーを見送ってしまったり、エントリーしても微益で決済してしまったりとルールを破ってしまいます。

その手法が本当の聖杯だったとしても、自らのルール違反で聖杯では無くしている可能性があります。

人の意思がトレードに関与している限り聖杯と呼ぶことができる手法なんてないと私は考えています。

そうなると聖杯手法は存在しないのではないかとなりますが、諦めるのはまだ早いです。

人の意思がトレードに関与しなければよいのです。

自動売買ですね。

エントリー、利確、損切りのすべてが自動で行われるEAなら可能性はあります。

市販されているEAというのはたくさんありますよね。

バックテストの結果がジグザグと大きく波打っているものや、勝ち方が急激な突き上げのようなグラフはあまり信頼できませんが、じりじりと少しずつの右肩上がりであればそこそこ信頼できると思います。

これが、フォワードテストの結果であればなお信頼できます。

EAでの自動売買を行う上で注意しなければならないことは、必ず起こるドローダウンの時期を耐えれるようにハイレバレッジでトレードしないことと、短期間で派手に利益が得られるEAを求めないことです。

聖杯というものは、長期間かけて少しずつコツコツと確実に利益を積み重ねていけるものであって、派手さや魅力があまりないもののような気がします。

聖杯の見方を変えると案外安くで手に入ったり、自分で作れるかもしれませんね。