FXのトレード環境が気になる(初心者向け)

FXを始めるに当たって、どんなトレード環境が望ましいのか気になりますよね。

パソコンはハイスペックのデスクトップじゃないとダメなのかとか、モニターは複数枚必要なのかなど、環境を整えるために資金が必要なのか心配になります。

この記事を書くに当たってgoogleで「FX トレード環境」で画像検索してみました。

みなさんモニターの数がすごいですね。

こんなにモニターを置いて何を表示させているのだろうかと気になりますが、初心者の方はここまでトレード環境を整える必要はないので安心してください。

PC

PCはWindows7以降のOSを搭載できているのであればデスクトップでもノートパソコンでもどちらでも問題ないと思います。

メモリ容量は、トレード中にたくさんのソフトウェアを起動していない限り、標準のもので十分です。

キーボードもマウスもすべて標準のもので結構ですが、ワイヤレスマウスを使っている場合、予備の電池はすぐ手元に置いておいた方が良いかもしれませんね。

モニター

複数枚モニターを置いている人は何を表示させているのかというと、ドル円用に1枚、ユーロドル用に1枚、ポンド円用に1枚、ネットサーフィン用に1枚というように、いちいちマウスで切替しなくてもいいように各通貨ペアを固定で表示させているのだと思います。

例えばデイトレードは、1つの通貨ペアだとなかなかトレードチャンスも来ないので複数の通貨ペアを監視して、トレード回数を増やすようにしているんですね。

FX始めたては、複数の通貨ペアを監視してトレードするほどの能力が身についていないので、1枚もしくは、ネットサーフィン用にもう1枚で十分です。

ネット環境

光回線であることが必須です。

決済する瞬間に2,3pips動くことが全然ありますのでADSLでは滑ってしまう可能性があります(有利不利はなんとも言えません)。

最近のPCに標準搭載されているWifi機能は、有線LANとほとんど変わらない通信速度ですので、特に気にする必要はないかなとは思いますが、有線LANにしていた方が途中で通信が切れたりする心配も少ないので、安心です。

その他の環境

トレードするには集中できる環境が必要です。

家族から隔離された部屋で行うか、トレード中は家族にできるだけ話しかけないようにお願いしておくのもいいかもしれません。

トレードスタイルによっては、エントリーを見逃す恐れがありますので、テレビを見ながら、本を読みながら、ネットサーフィンをしながらなどは出来るだけ避けましょう。

あとは、トレードで体調等を崩さないように寒さ対策や腰痛対策は万全にして行いましょう。

ちなみに私のトレード環境

私のトレードPCは、OSがWindows10、メモリが8GBのノートパソコンです。

モニターはノートパソコンのモニター1枚のみです。

ネット環境は光回線のWifi通信でしています。

モニターが1枚の理由は、通貨ペアを絞っていることと、常に表示しているチャートは60分足と5分足と1分足とだけだからです。

日足と4時間足も見ますが、トレード前に一度見るだけで覚えますし、そのあとはほとんど動かないので常時表示はさせていません。

エントリーチャンスを待っているときは、画面の右端4分の1くらいに5分足と1分足が見えるようにして、あとのスペースで別のことをしています。

あえてモニターを分けなくても、目玉を動かすだけで確認できるので、全然不便ではないです。

まとめ

まずは、現在使っているパソコン1台で十分だと考えます。

トレードしていて不便だと感じたらパソコンを新調したりモニター(中古で十分)を追加すればよいと思います。

スマホでのトレードは、できる限りしないようにしましょう。