FXでデイトレードするのってどの時間帯がいいの?

平日は絶え間なく世界のどこかしらの市場が開いていて、為替レートが常に変動しているので、FXは平日であれば24時間取引可能です。

24時間取引可能ですが、時間帯によって市場への参加者の数も異なってきますので、為替の値動きに与える影響は常に一定ではありません。

日本では、9時から東京市場、(冬時間では)17時からロンドン市場、22時からニューヨーク市場が開いているので、極端に市場参加者が少ない時間帯がトレードする時間と重なるのは、早朝ぐらいだと考えてよいと思います。

トレードを避けるべき時期や時間帯

日本時間の早朝やクリスマス休暇の閑散期は各FX会社のスプレッドは広がる傾向にあるため、トレードをしない方がよいです。

このようなときは、市場参加者が少なく値動きも荒くなりがちですし、手数料を多く払ってまでそのような相場でトレードする必要は全くありません。

数pipsのスプレッド差の影響なんてほとんど受けないスイングトレードの場合は別ですが。

あとは、重要指標の発表時には極端にスプレッドが開きますので、その前後の時間はトレードをしないようにしましょう。

トレードするオススメの時間帯

デイトレードで勝つためには、ある程度の値幅が必要になってきますが、やはり市場への参加者の数が多いほうがボラティリティが高いので一方向への値幅が大きくなります。

それでは、私がオススメするトレード時間帯ベスト3を発表します。

第3位 東京時間前半(8時~12時)

早朝の閑散時間からシドニー市場が開き徐々に参加者が増えてきて、早ければ東京市場が開く前にある程度のトレンドが発生することもあります。

9時の株式市場のオープンで為替市場も活性化され、仲値(9:55)に向けて実需(輸出輸入企業によるドル売買)の取引も増えてきます。

また、五十日(ゴトウビ)は特に実需の取引が活発になりますので、大きな値幅が期待できます。

こういった点から、円主導の値動きになるのでクロス円通貨で取引するのがよい時間帯です。

第2位 欧州時間前半(16時~20時)

欧州勢が参加してきますので、ドルやユーロ、ポンド関連通貨の取引が一気に活発になります。

東京時間の流れとは逆の動きになるなんてことも言われていますが、ただ単にボラが高くなって動くのでそのように見えることがあるのだと思います。

ストップロスを巻き込む強い動きがでますので、順張りでうまく乗れれば、大きく取ることができます。

第1位 ニューヨーク時間前半(21時~25時)

欧州勢とNY勢の取引が重なる時間帯で、アメリカの重要指標もこの時間帯に発表されるので、すべての時間帯の中で一番参加者が多くなります。

指標発表が多いので、発表前に保有ポジションを一旦決済したり、エントリーチャンスが来ても見送る必要がありますが、発表後の流れに乗れれば、かなりの利益を獲得することができます。

またボラも高いので、レンジの動きであってもある程度のpipsを稼ぐこともできます。

ボラが高すぎて難しいという反面もありますが、lot数をうまく調整すれば、対応は可能だと思います。

欧州時間に大きく動いた日は値動きが乏しくなることもありますので、注意が必要です。

圏外 ニューヨーク時間後半(25時~28時)

圏外ですが、朝起きてからチャートを見ると一方向に大きく動いていることが結構あります。

トレンド方向のポジションを保有しているのであれば、リミットとストップを入れて寝てしまのもありだと思います。

意識する必要はない

オススメの時間帯でトレードすれば勝てるかと言えば、それはまた別の話です。

トレンドは、チャートのタイミングが合ったときにやってくるものだと考えていますので、日本のお昼ご飯の時間にも大きく動き出すことだってあります。

時間帯は特に意識せず、自身のトレード手法に従ってルール通りに取引するのがよいでしょう。

補足

上記はデイトレードの場合を想定して書いています。

スイングトレードのような100pips以上を狙うトレードスタイルでは、時間帯はほぼ意識しなくてもよいと思います。

スキャルピングでは、NY時間前半や欧州時間前半に合わせてトレードをした方が良いでしょう。